評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
称 about us
・ 全カテゴリ
  ・ 映画、テレビ番組、舞台芸術
    ・ 音楽映像

【 #姫森ルーナ誕生祭2022 】Loyalty To Luna 💗 BIRTHDAY 3D LIVE【ホロライブ】

Luna Ch. 姫森ルーナ (YouTube 2022.10.10)

最高(50点)
2022年11月13日
ひっちぃ

アニメのアバターをかぶって動画サイトYouTubeでアイドル活動をしているホロライブ所属のVTuber姫森ルーナの、生誕3周年記念3Dライブという体の動画。あどけないベビーボイスの女の子が、かわいい歌からかっこいい歌まで歌って踊る。

自分は歌には興味があるけれど3Dモデルでダンスしている動画にはそれほど興味がなかったので、ライブという体のこのような動画やミュージックビデオはあまり見てこなかったのだけど、今回このあのあどけない声の姫森ルーナが歌って踊る動画ということで気になって見てみた。とてもよかった。

まず選曲がよかった。以下のとおり。

・ワールドイズマイン
・ふわふわ時間
・Los! Los! Los!
・こちら、幸福安心委員会です。
・♡桃色片想い♡
・うっせぇわ
・Over Soul
・パプリカ
・檄!帝国華撃団
・ハッピーシンセサイザ
・ぐるぐる🌀まわる🌀まわルーナ(新曲)

VTuber芸能事務所ホロライブの3Dライブで歌われる曲は大体カバーで、オリジナル曲は一曲だけのことが多い。星街すいせいや角巻わためのように歌で売っているメンバーにはオリジナル曲が多いのだけど、それ以外のメンバーは年に一曲以下しか出さないので曲が足りないというのが大きいと思う。でもカバー曲のほうがいい曲を借りられるので聴くほうとしては大歓迎だった。

ワールドイズマインはryo作曲の初音ミク初期の名曲で高飛車なお嬢様が男にあれこれ注文をつける逆関白宣言な曲。お菓子の国の王女様という設定の姫森ルーナにぴったりの、まさに解釈一致の素晴らしいチョイスだった。

ふわふわ時間はアニメ「けいおん」で主人公たちが結成したバンドで歌っていた曲で、ステージではなく教室のセットで先輩の猫又おかゆと一緒にエアバンドで歌っている。文化祭っぽくおそろいのTシャツを着ていてかわいい。おかゆは超有名YouTuberのHIKAKINもファンだと言うほど中性的魅力にあふれるホロライブメンバーで、声がいい上に歌もうまい。

姫森ルーナはこの動画のあとでこのライブの裏話を語った配信を行っている。それによると、おかゆ先輩と歌いたかった、バンドをやりたかった、文化祭といえばTシャツがいい、ってことでこうなったとのこと。こうやって誰かに決められたのではなく当人の意向をくんで作られたものだというのがおもしろい。曲も基本的にはすべて本人が選んでいるとのこと。

【 裏話 】最高のステージを語るのら!【 #姫森ルーナ誕生祭2022 /ホロライブ】
Luna Ch. 姫森ルーナ (YouTube 2022/10/11)
https://www.youtube.com/watch?v=0BE1jPLxwEU

次のLos! Los! Los!はネットでの評価が非常に高かった。エリートサラリーマンが神の怒りをかって小さな少女として銃と魔法の同居する戦争の世界へ転生させられるアニメ「少女戦記」のエンディングテーマに使われた曲で、アニメ同様に勇ましい曲になっていて、それをあどけない声のルナたん(姫森ルーナ)があどけなさを残しつつ勇ましい声でかっこよく歌っているのがたまらない。

「こちら、幸福安心委員会です。」はたぶんボーカロイドの曲だと思うんだけど、「幸福なのは義務なんです」といった印象的な言葉でみんな幸せになりましょうと歌っているスローテンポな曲。選曲にメリハリがあっていいと思う。ですます調で歌っていて、最後の「ちね!」がそのポーズとあいまってすごくかわいかった。このポーズの演出は尾丸ポルカによるものらしい。

今回ポルカがルーナとともに総合演出としてクレジットされており、その経緯として色々と助言してもらったかららしい。ポルカは「アイカツ」などの女児向けアイドルアニメが大好きで、当然それに使われている演出には詳しいほか、アイドルオタクとしてコンテンツを消費する側から色々研究してきたのだろう。ルーナ曰く自分の思いもよらなかったところでアドバイスをもらったとのこと。

「桃色片想い」はつんくプロデュースの松浦亜弥が歌っていた00年代のヒット曲でこてこてのアイドルソング。変化球ではなく直球でアイドルとして歌っている。本人は確実に世代じゃないはずなのでリスナーへのサービスで入れているのだろう。

「うっせぇわ」は近年注目されている十代の歌い手Adoが歌って出世作となった曲で、自分は頭の出来が違うんですと歌っている唯我独尊的な歌詞を、赤井はあとと天音かなたを加えた三人で歌っている。小さな部屋でそれぞれ三人がカメラを取り合うようにして踊って歌っているのがおもしろい。姫自身あとでこれを振り返って見て何度も思い出し笑いしていた。

この曲も三人がTシャツを着ているのだけど、自分の推測ではたぶん2022年4月の天音かなたの3Dライブで同期の彼女がTシャツを着て踊っていた動画に影響されたんじゃないかと思う。このときの天音かなたの衣装とダンスはとても魅力的で、天使の看護服や生徒会腕章つき学生服よりもずっとよかった。ステージ衣装は大抵ひらひらしていたりキャラ独自のイメージにあったものが多いので、ふつうはなかなかTシャツにはたどり着かないと思う。

赤井はあとと天音かなたとはよく「ちゃまたんなのら」としてコラボしており、コラボ名に全然名前が入っていないのがウケる。赤井はあとの「はあちゃま」と天音かなたの「かなたん」と姫森ルーナのよく使っていた語尾「~なのら」の名前を除いた部分を組み合わせている。正直、腹筋マリカ(マリオカート)のコラボ動画は全然おもしろくなかったけど(!)、仲よさそうに三人でゲームを楽しんでいる様子は微笑ましかった。

Over Soulは前述の尾丸ポルカと二人で歌っている。自分はにわかなのでこの二人の間にどういう仲があるのか知らないんだけど、そういえばルーナがRUSTに初参戦したときはポルカの拠点のそばに新拠点を建てていたり、いつのまにかチームを組んでいたりしたなあと思い出した。実際のところどうなのか知らないけれど、こういう関係性を探って楽しむのもホロライブの楽しみ方になっている。

パプリカはNHKのみんなの歌みたいな曲というか実際よくNHKで流れていた。一面お花畑の中でかわいらしく歌っている。

「檄!帝国華撃団」はサクラ大戦というゲームのメインテーマで一時期よくCMで流れていたので誰もがよく知っている曲だと思う。ルーナがよく歌枠(カラオケ配信)で歌っていたらしい。ちなみにルーナの歌枠も見てみたのだけど、トークは楽しめたものの音域が狭くて歌いづらそうにしていたりオクターブを曲中で上げ下げしながら歌っていたりしてあまり素直に楽しめなかった。

ハッピーシンセサイザはこれまたボーカロイドで有名な曲なのだけど、かわいい曲ではあるのだけど正直好みじゃなかった。当初予定してた曲が歌えなくて代わりに選んだ曲らしい。仲のいい先輩の大空スバルと歌っている。

「ぐるぐる🌀まわる🌀まわルーナ」は新曲らしく、キチがいじみた歌詞のハイテンションなEDM(エレクトロダンスミュージック)の電波曲だった。自分はそんなに好みではないけれどおもしろい曲だとは思った。今後YouTubeの通信状況が悪くなったときにグルグルマークが出るたびにこの曲やルーナに触れられることを狙ったんじゃないかと思ったんだけど、いまのところその気配はなかった。

最後の数分はグッズの紹介にあてられている。やたら高いグッズを露骨にプロモーションしていて毎度冷める。でもまあそれで収益を上げるために動画を無料公開しているのだからしょうがないのだとは思う。

最近、公官庁オークションでこのルーナのグッズが競売されていることがニュースになっていてウケた。ルーナイト(彼女の有料メンバーシップ加入者)が入れ込みすぎて破産して税金を払えなくなったんじゃないかと言われていた。

3DモデルのフルCGは本人たちがわざわざダンスの練習をしてモーションキャプチャーしているらしい。完成度を上げるにはプロのダンサーが踊ったほうがいいんだろうけど、こういう風にちゃんと本人たちが踊っていますというのが物語を生んでいるんだと思う。

というわけで、まずはアニメ風のフルCGの美少女たちが歌って踊るコンテンツとして楽しみ、次に彼女たちのアイドル性や普段の配信との関連づけや他のメンバーとの関係性を楽しめるコンテンツとして、ここからVTuber沼の入り口に足を踏み入れてみるのはどうだろうか。

[参考]
https://www.youtube.com/
watch?v=vlqVuLuZl00

コメントする 画像をアップする 戻る

Copyright © manuke.com 2002-2018 All rights reserved.