評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
称 about us
・ 全カテゴリ
  ・ 映画、テレビ番組、舞台芸術
    ・ アニメ
      ・ 火垂るの墓

火垂るの墓

スタジオジブリ (原作:野坂昭如)

まあまあ(10点)
2005年8月6日
ひっちぃ

終戦前後、両親を亡くした兄妹が、二人だけで生きていこうとした先に待ち受ける悲しい結末。

最も泣けるアニメ映画として、国内のみならず海外でも評価が定着した作品。特に海外では、戦争の善悪を語らず悲惨さだけを描いたところに、幅広い共感を得ているそうだ。

終戦記念日や原爆投下日の集まるこの季節、何度もテレビで放映されている。私が今あらためてこの作品を見たのは、海外のアニメ評をまとめて紹介しているサイト moonlight fantasia での海外の声を読んで改めて内容が気になったからだ。

通して見るのは確か二回目ぐらいなのだが、今回見てみてそんなに思ったほど泣けなかった。ちょっと感傷が過ぎる描写が目立つ。

それに、意地悪な親戚の家を抜け出さずに我慢して暮らしていれば、兄妹は死ななくて済んだんじゃないだろうか。

初見のときから気になっていたのだが、いきなりオープニングで一人称で「僕は死んだ」は無いと思う。

良いところは、焼夷弾が降ってきたあと、ちょっと間があいて急に家々が燃え上がるところとか。意地の悪い家の描写はムカムカするほど良かった。海軍さんの家とか、リアルなディテールもいい。

でも、改めて考えてみると、そんなでもない作品なんだなという結論になってしまった。

エンディングロールのときの音楽がよかった。裏で怪しく鳴っている鉄琴っぽい音が。

(最終更新日: 2005年8月9日 by ひっちぃ)

コメントする 画像をアップする 戻る

Copyright © manuke.com 2002-2018 All rights reserved.