評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
称 about us

最新週 | 前の10件 | 最新10件

2020年3月21日

  • 本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 香月美夜 (HinaProject Inc. 小説家になろう)
    評者:ひっちぃ 評価: 最高(50点) 分類:ファンタジー
    本が大好きで図書館への就職が決まっていた女子大生が、地震で自分の部屋にあった大量の本に押しつぶされて死んでしまう。そんな彼女がよくわからないうちに5歳の幼女として生まれ変わったが、そこはまったく本のない異世界だった。本がなければ作るしかない。持っている知識をフル動員して本を作ろうとする。ファンタジー小説。

2020年2月25日

  • やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12~14巻 渡航 (小学館 ガガガ文庫)
    評者:ひっちぃ 評価: まあまあ(10点) 分類:フィクション活字
    色々とこじらせた高校生男子・比企谷八幡は、学内の問題を解決する奉仕部が顧問の平塚先生の退任により解散することになったため、なにかと因縁のあった優等生の雪ノ下雪乃と最後の勝負として保護者たちから反対にあったプロム(卒業生送迎ダンスパーティ)の開催を掛けてそれぞれ別々の企画を立てる。青春小説。

2020年2月9日

  • ML574 ETE (ALL BLACK) new balance(ニューバランス)
    評者:ひっちぃ 評価: 傑作(30点) 分類:ハードウェア
    アメリカのスポーツシューズメーカーであるニューバランスの定番モデル574の、主に男性向けの色がオールブラックのもの。ソール(靴底)が柔らかくて快適なクッション性能を持っているのが特徴。

2020年2月2日

  • 極暖ヒートテック 9分袖 UNIQLO (ファーストリテイリング)
    評者:ひっちぃ 評価: 最高(50点) 分類:その他
    日本のアパレルブランドであるユニクロが日本の繊維メーカー東レと組んで開発した冬用の下着ヒートテックの改良型。湿度を吸収して発熱する特殊な繊維を使用しているのに加えて、裏地が起毛素材になっており従来のものより1.5倍暖かいらしい。

2020年1月26日

  • 荒ぶる季節の乙女どもよ。 原作:岡田麿里 漫画:絵本奈央 (講談社 講談社コミックス マガジン)
    評者:ひっちぃ 評価: 傑作(30点) 分類:学園もの
    文芸部に所属している高校生女子の小野寺和紗は、部活動としてみんなでエロ小説を輪読していたが、自分たちが実際に性に目覚めるのはまだまだ先だと思っていた。しかし幼馴染で隣近所の坊主だった泉はいつのまにか格好よくなって女子から人気になり、周りでも男女を意識した人たちの姿が目につくようになってきた。和紗の内と外で何かが徐々に変わっていく。少年マンガ。

2020年1月19日

  • まちカドまぞく 5巻まで 伊藤いづも (芳文社 まんがタイムKRコミックス)
    評者:ひっちぃ 評価: まあまあ(10点) 分類:日常もの
    東京郊外のボロアパートに母と妹と三人で暮らしていた高校生女子の吉田優子だったが、突如先祖返りして悪魔のような巻角が頭から生えてくる。闇の一族「まぞく」として覚醒したのだと母親から告げられ、町内に住む光の一族「魔法少女」と戦わなくてはならなくなるのだった。萌え4コマギャグマンガ。

2020年1月11日

2020年1月4日

  • キングダム 56巻まで 原泰久 (集英社 ヤングジャンプ・コミックス)
    評者:ひっちぃ 評価: まあまあ(10点) 分類:マンガ
    秦の始皇帝が中国全土を統一する前の時代、天下の大将軍を夢見て日々修行してきた身寄りのない下僕の少年・信が、戦場の中で戦い成長し仲間を得て出世していく物語。少年マンガ。

2019年12月30日

  • Atlas Campfire Audio (ALO Audio)
    評者:ひっちぃ 評価: 傑作(30点) 分類:オーディオ・ビジュアル
    アメリカのオーディオ専業ガレージメーカーALO AudioがCampfire Audioのブランドで出したダイナミック型の高級イヤホン。鏡面仕上げされた美しいステンレスのボディの中から、ダイヤモンドっぽい炭素粉末でコーティングされたベリリウムの振動板が、迫力のある重低音と鮮やかな高域を響かせる個性的なモデル。

2019年12月22日

  • かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜 16巻まで 赤坂アカ (集英社 ヤングジャンプ・コミックス)
    評者:ひっちぃ 評価: 最高(50点) 分類:学園もの
    名門校に通う超お嬢様の四宮かぐやは生徒会副会長をやっていて勉強がとてもできたが、努力家で生徒会長の白銀御行にいつも負けており悔しい思いをしていた。彼はきっと自分のことが好きだろうと確信を持っていた彼女は、恋愛においては告白させたほうが勝ちなのだと思い、あの手この手で彼に告白させようとする。そんな一方で彼のほうもまた同じことを考えていたのだった。少年マンガ。
Copyright © manuke.com 2002-2018 All rights reserved.