評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
遊 games
庫 archives
称 about us

最新週 | 前の10件 | 次の10件 | 最新10件

2017年7月9日

  • Mojo CHORD
    評者:ひっちぃ 評価: まあまあ(10点) 分類:オーディオ・ビジュアル
    高価なデジタルオーディオ機器で有名なイギリスのCHORD社が開発したポータブルヘッドホンアンプ。持ち運んで卓上で使う想定の小型ヘッドホンアンプHugoで培った技術をさらに凝縮し、ポケットに入れて使うことが出来るほど小さくなった。スマートホンやデジタルオーディオプレイヤーにつなげることで、移動しながらでも良い音質で音楽を聴くことが出来る。

2017年7月1日

2017年6月26日

  • ウィッチクラフトワークス 2巻まで 水薙竜 (講談社 アフタヌーンKC)
    評者:ひっちぃ 評価: 駄作(-30点) 分類:学園もの
    高校生男子の多華宮くんのクラスには、校内でファンクラブまで存在するお嬢様の火々里さんがいた。いいなあと思いつつ、熱狂的な信者から恨まれたくないので距離をとっていた多華宮くんだったが、不思議なことに彼女と登校時間が重なったり一緒になったりすることが多いことに気づく。実は彼女の正体は魔女で、多華宮くんを陰で守ろうとしているのだった。少年マンガ。

2017年5月30日

  • この美術部には問題がある! 8巻まで いみぎむる (アスキー・メディアワークス 電撃コミックスNEXT)
    評者:ひっちぃ 評価: まあまあ(10点) 分類:学園もの
    元気な中学生女子の宇佐美みずきは、同じ美術部にいる内巻すばるくんのことが好きだったが、彼はアニメ絵の女の子にしか興味がなく、彼に告白する勇気もないのだった。少年マンガ。

2017年5月21日

  • 火花 又吉直樹 (文藝春秋 文春文庫)
    評者:ひっちぃ 評価: まあまあ(10点) 分類:フィクション活字
    売れない若手漫才師の徳永は、興行先で出会った先輩芸人・神谷の笑いに対する姿勢に感銘を受け、師と仰ぐことにする。面白いことを追求する神谷を見て、不器用な自分は売れることも出来ないし師匠のようにもなれないと落ち込むが、我が道を行く神谷は世間から取り残されていく。芸人・又吉の芥川賞受賞作。

2017年5月9日

  • Angie universal fit ASTELL&KERN, JH AUDIO
    評者:ひっちぃ 評価: 傑作(30点) 分類:オーディオ・ビジュアル
    韓国iriverのオーディオブランドASTELL&KERNが、アメリカのオーディオ機器ガレージメーカーJH AUDIOと提携して作った高級イヤホンのうち、カスタム(オーダーメイド)じゃないほうの上から3番目の初代モデル。片側8個ものバランスドアーマチュアドライバ(高域4+中域2+低域2)が心地よい音を出す。

2017年5月4日

  • おおきく振りかぶって 27巻まで ひぐちアサ (講談社 アフタヌーンKC)
    評者:ひっちぃ 評価: まあまあ(10点) 分類:学園もの
    中学の頃にずっと野球部のピッチャーをやっていた三橋廉は、自分がずっとエコヒイキでエースをさせてもらっていたと思っており、チームメイトからひどく疎まれていたので自信を失っていた。地元とは離れた高校に進学し、もう野球とは縁を切ろうとしたが、そこには新たな仲間たちがいた。野球マンガ。

2017年4月25日

  • ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? 13巻まで 聴猫芝居 (KADOKAWA 電撃文庫)
    評者:ひっちぃ 評価: まあまあ(10点) 分類:フィクション活字
    高校生の西村秀騎はクラスではオープンなオタクとして高くも低くもない地位で過ごしていた。そんな彼が熱中していたのはMMORPGというネット上の架空の世界で一度に数千人のプレイヤーが遊ぶジャンルのゲームで、ナイトのルシアンとして振る舞ってゲーム仲間と仲良くしていた。そこで出会った一人の女キャラクターに熱を上げて告白したが、手ひどく振られた。ネットと現実とは違うんだと一応の踏ん切りをつけるが、今度は逆に自分がゲーム内で求婚される。ライトノベル。

2017年4月19日

  • 斉木楠雄のΨ難 21巻まで 麻生周一 (集英社 ジャンプ・コミックス)
    評者:ひっちぃ 評価: 傑作(30点) 分類:学園もの
    高校生の斉木楠雄はすごい力を持った超能力者だが、正体がバレると面倒なので秘密にしていた。穏やかな日常を送りたいだけなのに、やたらと人に付きまとわれるのだった。少年マンガ。

2017年4月11日

  • ぼくは麻理のなか 押見修造 (双葉社 アクションコミックス)
    評者:ひっちぃ 評価: 最高(50点) 分類:マンガ
    ひきこもりの大学生・小森功は、毎晩21時にコンビニにやってくる女の子を「天使」と呼び、彼女が来る時間に合わせて自分もコンビニに行って彼女を観察するのを日課にしていた。そんなある日、気が付くと自分が彼女の姿になっていた。青年マンガ。
Copyright © manuke.com 2002-2015 All rights reserved.