評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
称 about us

最新週 | 前の10件 | 次の10件 | 最新10件

2019年6月2日

2019年5月12日

  • 異世界のんびり農家 500話ちょっとまで 内藤騎之介 (HinaProject Inc. 小説投稿サイト「小説家になろう」)
    評者:ひっちぃ 評価: 傑作(30点) 分類:ファンタジー
    過労で倒れて長い闘病生活の末にそのまま病院で亡くなった三十代の元サラリーマン街尾火楽は、神の憐れみを受けて別の世界に転生させてもらう。人付き合いの苦手だった彼は、人里離れた場所で一人のんびり農業をやって暮らせるよう願ったが、彼のもとには次第に様々な人々が集まってきて豊かな村を作るようになる。ネット小説。

2019年4月12日

  • 芸人先生 Eテレ
    評者:ひっちぃ 評価: いまいち(-10点) 分類:バラエティ番組
    お笑い芸人を講師として企業の研修に呼んで、彼らが経験してきたことをビジネスの世界に当てはめ、ビジネス書に書かれているようなハウトゥーを若手社員たちに伝えていく知的バラエティ番組。

2019年4月7日

  • Re:ゼロから始める異世界生活 書籍版 2〜3巻 長月達平 (KADOKAWA MF文庫J)
    評者:ひっちぃ 評価: まあまあ(10点) 分類:ファンタジー
    中世ファンタジー風の異世界に飛ばされた引きこもりの高校生男子ナツキ・スバルは、精霊使いの美少女エミリアの命を救ったものの重傷を負い、怪我の治療のため彼女が滞在する貴族の屋敷に引き取られる。そこへ再び謎の襲撃者が迫る。ライトノベル。

2019年3月31日

  • Re:ゼロから始める異世界生活 書籍版 1巻 長月達平 (KADOKAWA MF文庫J)
    評者:ひっちぃ 評価: いまいち(-10点) 分類:ファンタジー
    引きこもりの高校生男子ナツキ・スバルはコンビニ帰りに中世ファンタジー風の異世界に飛ばされてしまう。なにか大きな力が与えられたかと思ったら特に何もなく、街中のゴロつきに普通に殺されそうになったりする。そんな厳しい世界で、一人の少女に助けられたスバルは、彼女のために何かしてあげたいと思う。ライトノベル。

2019年3月24日

  • PLENUE S COWON
    評者:ひっちぃ 評価: 傑作(30点) 分類:オーディオ・ビジュアル
    韓国のオーディオメーカーCOWONが2016年頃に出した最高級携帯音楽プレイヤー。米バーブラウン製の高音質ながらちょっと古くて扱いづらいと言われているDACチップを使いながら、丁寧な設計により極めてノイズの少ないきれいな音を出すのが特徴。

2019年3月10日

  • トニカクカワイイ 4巻まで 畑健二郎 (講談社 サンデーコミックス)
    評者:ひっちぃ 評価: 傑作(30点) 分類:マンガ
    由崎星空(ナサ)はとても頭がよくて努力家の少年だったが、高校受験の会場に向かう途中で目を奪われるような美少女と出会い、衝動的に彼女に交際を申し込む。しかし彼女は謎を残したまま結婚の約束だけして姿を消してしまう。色々あって中卒で働いていた彼が18歳になったとき、約束どおり結婚しにきた彼女と再会する。甘酸っぱくもどこか変わった二人の新婚生活が始まる。少年マンガ。

2019年2月27日

  • VEGA Campfire Audio (ALO Audio)
    評者:ひっちぃ 評価: 傑作(30点) 分類:オーディオ・ビジュアル
    アメリカのオーディオ関連ガレージメーカーALO AudioがCampfire Audioブランドで開発・販売していたダイナミック型のイヤホン。ダイアモンドと同等の硬度を持つカーボンの粉末を振動板にコーディングしたほか、余計な振動を防ぐためにチタンより硬い液体金属でボディを成型しているのが特徴。

2019年2月17日

  • ヘルシング HELLSING 6巻まで 平野耕太 (少年画報社 ヤングキングコミックス)
    評者:ひっちぃ 評価: いまいち(-10点) 分類:マンガ
    空想現代のイギリスの農村で謎の連続殺人事件が発生し、「吸血鬼」のしわざであることをかぎつけた特務機関「HELLSING」がそれを制圧する。彼らの使命は人外を操るバチカンの裏組織などの敵対勢力からイギリスを守ることだった。少年マンガ。
  • 「商業漫画を『○○が××な話 1/5』みたいなツイートで宣伝するな!」と怒る人たちの意見に賛否両論 JIN (俺的ゲーム速報@JIN)
    評者:ひっちぃ 評価: 傑作(30点) 分類:ネット
    いままでアマチュアの作家がよくやっていたTwitterでのマンガ投稿を、プロのマンガ家がやりだしたことについての賛否両論をまとめたブログ記事。アマチュアのふりして広告すんなという意見に対して、単体で読める作品を投稿するという行為にプロもアマチュアもないという反論が殺到したとのこと。
Copyright © manuke.com 2002-2018 All rights reserved.