評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
称 about us
・ 全カテゴリ
  ・ マンガ
    ・ 学園もの
      ・ 鈴木先生 1巻だけ

鈴木先生 1巻だけ

武富健治 (双葉社 アクションコミックス)

まあまあ(10点)
2008年1月6日
ひっちぃ

若くて真面目な男性中学教師が生徒や親や学校の問題に取り組んでいく話。マンガ。

マンガ紹介本に載っていて面白そうだったので買ってみた。帯によると第11回文化庁メディア芸術祭優秀賞受賞らしい。

巻末の著者紹介を併せて読むと労作なんだなと思う。正直なところ完成度という点においてはメジャー作品としてのレベルに到達していないんじゃないかと思う。読んでいてつまらないなあと思ったりもする。だが中身はそれなりに興味深い。この作品に代わる作品が見当たらないというユニークな価値がある。

1巻には三話収録されている。一話目は給食の時間中に突如汚い言葉を口走る問題生徒の話。作者が謎解き仕立てで作品を組み立てようと努力していることが露骨に伝わってきて心配になる。種も微妙で語り口も悪い。この人にはストーリーテリングの才がないんだろうなあ。まあ描こうとしているもの自体が難しいからだろう。こういう難しいことに挑戦しているところはすごいとは思う。

二話目は給食の酢豚が不人気で廃棄がもったいないので廃止にしようという話が持ち上がる。そこへ酢豚の好きな女生徒が絡んできて、他の教員たちを巻き込んで問題解決への過程が描かれる。結末を見ると唐突で訳の分からない話だが、ディテールを積み重ねて現実を描写するという点では非常によくできた話だと思う。作り話として素晴らしい。

三話目は性交渉の問題。ある男子生徒が友達の小4の妹を無理やり犯したとして、その兄妹の母親が学校に乗り込んでくる。相変わらず微妙な話なので説明が難しいが、この話の比較的独自なところとして連鎖に触れているところだろうか。

作品を通じて思ったのは、この先生は生徒を尊重しすぎてないだろうか。私は教師がどういう風に生徒と接するように習うのか知らないけど、こんなに物分りよく接していいのだろうか。私も歳を取ったのかなあ。これじゃ生徒がつけあがるんじゃないかと思った。一話の問題行動の生徒は、深層心理として起こりそうな話ではあるけれど、こんなのは教師が解決してやる問題ではないと思うし甘えすぎだろう。二話目も一人の生徒のためにがんばりすぎ。

三話目はやっぱり話としておかしいと思う。確かに中学生で性教育が行われるし、性行為をしたいときはコンドームを使うよう習うのだが、中学生の分際で親の金でコンドームを買って性行為するということ自体バカバカしすぎる。それを正当化するどんな理屈があるというのだろうか。9歳と15歳の違いはなんだと問うているが、就業して金を稼げるかどうかの違いなのだとなぜ説明してやれないのだろうか。このやたら理屈っぽい問題の男子学生と真剣に向き合いすぎているのもイラだたしい。

一方で、いまの中学生ってこんな感じなんだろうな、というリアリティがある。それもそうだろう、三十代後半の作者がちょうどこんな中学生の親だからだろう。子供の問題は親の問題ということで、一度自分の問題も突き詰めてみたらどうだろうか。

そういえば学校の世界だけでなく主人公・鈴木先生のプライベートでの彼女との付き合いも少し描かれている。これがまたうっとうしい。特に物語上の意味があるとも思えないし。この先生を見てるとイライラしてくる。でもそのイライラはこの作品の良さでもあるんだろうな。

読んで一応良かったとは思うけど、この分野でもっと優れた人や作品が出てきて欲しいと思う。

コメントする 画像をアップする 戻る

Copyright © manuke.com 2002-2018 All rights reserved.