評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
称 about us
・ 全カテゴリ
  ・ ハードウェア
    ・ オーディオ・ビジュアル
      ・ HD650

HD650

sennheiser(ゼンハイザー)

まあまあ(10点)
2010年11月8日
ひっちぃ

ドイツのヘッドフォン大手メーカーのゼンハイザー製のヘッドフォン。同社がHD800を出す前までは最高級モデルだった。オープンエアー型。

家のオーディオで思い切り大きい音を出せないんだったら、ヘッドフォンに資金を投入したほうがいいんじゃないかと思って、中野ブロードウェイの中にあるフジヤエービックという一部で有名な安いオーディオ屋で42,800で買った。メーカーのキャンペーン中で申し込んで後日五千円分の郵便小為替が届いたので実質37,800円だったが、手続きが地味に面倒だった。今では先日までのヘッドフォン祭りで34,800円だったほか、家電量販店でも値段が下がってきて四万以下で買える。

それまではaudio-technicaのATH-A900を使っていて、中高音がきれいで満足していたのだけど、このHD650を聴くようになってからATH-A900がスカスカの音に聞こえるようになった。

で、なぜいまこの時期にこのHD650について書く気になったかというと、最近アンプを買い換えてスピーカーで音楽を聞くようになったのだけど、やっぱりスピーカーのほうが音がいいなあと思った。いままではヘッドフォンは聴き疲れするのが欠点でそれ以外はスピーカーよりも良いことだらけだと思っていた。しかしこうして改めてスピーカーで聞いてみると明らかにスピーカーの方が音質がよかった。とはいってもヘッドフォンは専用のヘッドフォンアンプを持っているわけではないのに対して、スピーカーのほうのアンプはマランツのPM-11S2という定価四十万近いものを使っているのだけど。

でそのスピーカーと比較して改めてHD650を聴いてみると、HD650は低域が厚く味付けされていることが分かった。これは私だけの感覚ではなくて、ネット上の評価を見ても大体そんなことを書いている人が目立つ。ロックを聴くときなんかは元気な音がするので良いのだけど、真空管を使ったヘッドフォンアンプとの相性が悪いらしい。一方で、低域が厚いといっても分解能は高く維持されていて、ディストーションの掛かったギターを心地よく鳴らしてくれる。

前出のフジヤエービックという店で定価が十万以上するヘッドフォンを視聴してみたけれど、そんなに感動するほど音が良いとは思わなかった。ヘッドフォンアンプとDACにPS AUDIOという会社のそれぞれ八万ぐらいの機器が使われていた。クラシックみたいなダイナミックレンジの広いソースを存分に堪能するにはヘッドフォンは良い選択肢だと思うけれど、それ以外のジャンルだったらある程度以上の金をつぎ込めばスピーカーで音楽を聞いた方が気持ちいいことが分かった。

コードが着脱式なので、断線しても交換が効くほか、サードパーティ製のコードもある。また、バランス接続という特殊な接続方法ができるものもあるらしい。バランス接続のためにはヘッドフォンアンプ側にも特別なジャックが必要なので手軽には出来ないけれど、日本が世界に誇るSTAXというメーカーの製品も採用しているぐらい評価の確立している仕組みらしい。

普通の感覚からすればヘッドフォンに四万も掛けるというのはどうかしてると思うものだろうけど、これで良い音で音楽が聴けるなら幸せじゃないだろうか。能率が悪いのでウォークマンにつなぐとボリュームを倍ぐらいに上げないと付属のヘッドフォンより音が小さくなってしまうけれど、でかいのでさすがに移動中につけるのは無理だろう。

いいヘッドフォンが欲しいけれど何を買えばよいか分からない、という人はこれを買えばいいと思う。まあコストパフォーマンスを考えれば二万円ぐらいの価格帯が一番得かもしれないけれど。

コメントする 画像をアップする 戻る

Copyright © manuke.com 2002-2018 All rights reserved.