評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
称 about us
・ 全カテゴリ
  ・ ノンフィクション
    ・ 対談・インタビュー
      ・ 優香

優香

週刊文春 2002.10.24 阿川佐和子のこの人に会いたい

まあまあ(10点)
2002年10月24日
ひっちぃ

優香は本当に志村けんが好きっぽい。

以前芸能記事で、優香が志村けんにゾッコン(死語?)だというのを見たので、そのへんも対談で語ってくれているかなと思って読んでみたら、本人の口からも素直に言っている。

そもそも優香は「志村けんのだいじょうぶだぁ」世代で、厳格な父親と衝突しながらもよく見ていたらしい。そりゃ娘があんな番組見てたら穏やかではいられない気持ちは分かる。

優香はヘンなおじさんのキャラクターがそのまま志村けんそのものだと思っていたらしい。私は子供の頃すでに、実は志村けんってすごくまじめな人なんだよ、と人から聞いていた。それはそれで面白みのない話かもしれないが、子供心に興味深い話ではあった。

パイを投げられるのも、水を掛けられるのも、志村けんと出演しているからこそ好きなのだそうだ。自分がこういったバラエティ好きなのだと勘違いされたくない、とまで言っているから、優香の志村けん好きも相当なものだろう。このまえ志村けんのバカ殿がまたやっていたので私はついつい見てしまったのだが、優香のバカ姫ぶりは非常に愛らしかった。好きでなければここまで出来ないな、と思った。

9月までフジテレビのバラエティ番組「笑う犬の発見」に出ていたとき、コントどころかコーナーにもあまり絡まなかったのは、そんな理由があったからだったのだろうか。もし志村と一緒のときの優香をスタッフが期待していたのであれば、とんだ期待はずれだったことになる。

対談にはほかにデビュー前の彼のこととか、デビュー後の水着での仕事と家族のこと、最近の仕事のことなど。優香に限らず、芸能人同士はそんなにプライベートまで仲良くはないんだなと思ったり。優香の場合主にスタイリストやメイクや高校の友達と遊んでいるらしい。私のかつての心のアイドル・内田有紀も、北の国からつながりで結婚するしなあ。かと思えば浜崎あゆみはベタに TOKIO の長瀬と付き合っているというから、人それぞれなのかも。

阿川佐和子も相変わらずうまい。もうだいぶ年なのだが、若い対談相手とも同じような精神年齢の素を出しつつきれいにまとめている。

言い忘れたが、阿川佐和子は元TBSのアナウンサーで、筑紫哲也とも組んでやっていた。

(最終更新日: 2002年10月24日 by ひっちぃ)

コメントする 画像をアップする 戻る

Copyright © manuke.com 2002-2018 All rights reserved.