評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
称 about us
・ 全カテゴリ
  ・ マンガ
    ・ 学園もの
      ・ クズの本懐

クズの本懐

横槍メンゴ (スクウェア・エニックス ビッグガンガンコミックス)

傑作(30点)
2016年7月11日
ひっちぃ

安楽岡花火と粟屋麦は高校では理想のカップルと言われていたが、二人には別々に想う相手がいた。手の届かない相手の代わりに、手近なところで身体的な欲求をぶつける二人だったが、彼らに好意を持って近づいてくる人々と触れるうちに、これではいけないと気づいていく。倒錯的恋愛マンガ。

海外の反応系のブログを見ていたらこの作品が取り上げられていて、ちょっと刺激的な題と紹介が面白そうだったから読んでみた。予想とは話が違っていたけれど面白かった。

安楽岡花火と粟屋麦がディープキスしている描写がいきなり繰り広げられる。でも二人は恋人じゃない。花火は小さい頃から親戚のお兄さんが好きで、麦は元家庭教師のエロいお姉さんが好き。でもこのお兄さんお姉さんは、二人の通う高校で教師をしていて同僚以上恋人未満の関係にあった。

花火はどちらかというとおとなしめの美少女で、幼馴染の麦に対してだけ遠慮がないキャラ。たまにそういうところを周りのクラスメイトたちから目的されていて、麦とは恋人同士だと思われている。でも何か違和感を感じ取った絵鳩早苗に接近される。彼女は同性愛者だった。

麦はスポーツイケメンだけど、女性関係は奥手なほう。麦のことを自分の王子様だと思っている痛い少女の鴎端のり子につきまとわれるが、いつもそれとなくあしらう。でもあるときデートをすることを承諾する。

花火が恋するお兄さんは、客観的にはどこか頼りないメガネ男子なのだけど、年下の花火に対しては優しくて力強いところを見せていて、そこが花火の恋心を刺激した。しかしあまり恋愛の経験値が少ないせいか、同僚の肉感的な音楽教師のお姉さんに心惹かれている。

お姉さんは一見清純な天然の美人に見えるが実はビッチ(あばずれ)で、自分の価値を自分で知っており、男に求められ男を手玉に取ることを史上の喜びとしている。この作品の題にある「クズ」というのは、恋人じゃないのにいわゆるセフレとして肉体を求めあう花火と麦のことを指しているのかと思ったけれど(いや多分そうなんだろうけど)、実はこのお姉さんのことを「クズ」だと言っているのだと思う。そしてそんな圧倒的なお姉さんに対してまったく無力な自分を認識せざるをえなかった花火が、このお姉さんのマネをしようとするところを指しているんだと思う。

いわゆる「ニセコイ」として付き合っている花火と麦の関係がどうなるかがこの作品の流れになるのかと思いきや、既刊6巻でようやくそのきざしが見えてきたか?という程度になっている。それよりも重要なのは、「クズ」の花火と麦が、人から想われることで少しずつ変わっていっていくところだろうか。一見なんだかんだで恋愛のヒエラルキーの上位にいるかに見える美男美女カップルの二人だったが、なんのことはない互いに慰めあっている恋愛弱者二人に過ぎないことを自覚していき、行動を起こすことを決意する。

こういう強引な解説しか出来ないほどストーリー展開がゆるいので説明が難しい。ちょっと自分の想像で補いながら解説しているので、勇み足があるかも。何組かの男女(女女)の話が切り替わりながら進んでいく。漠然と読んでいたら、ただ話が流れていくだけのように見えるかもしれない。でもグイグイ読んでいってしまった。

この作品の一番の魅力は、美女(美男)が切ないことだと思う。美女(美男)だけど不幸。といっても身体的欲求はある程度解消されちゃってるけど。

で、他に自分としては、百合(女の同性愛者)の絵鳩早苗がグイグイいっちゃって花火の性器をいじって気持ちよくさせてしまう描写がすごくよかった。そんな強気な絵鳩早苗だけど、マイノリティである儚さを痛いほど自覚しており、花火が自分の手のひらからこぼれ落ちることを確信しながらも止めることができない。

彼女と同じような立ち位置にいるのが、麦のことを想い続けているフリフリ少女の鴎端のり子で、こいつも一生懸命なところがかわいい。

男キャラの描写もあるけど薄い。麦もお兄さんも、そしてお姉さんの取り巻きの一人で花火とも接近する軟派な男も、一人称ではあまり描かれない。この作品は少女の物語なのかな。あとは「クズ」の大ボスであるお姉さんの過去とか今後描かれるんだろうか。

絵は割とワンパターンではあるけれど、みんなかわいい。花火が興奮して紅潮している表情が特によかった。

あまりはっきりした恋愛ドラマが繰り広げられるわけではないのだけど、ちょっとエロくてしっとりした恋愛ものが好きな人なら楽しめると思う。

(最終更新日: 2017年5月3日 by ひっちぃ)

コメントする 画像をアップする 戻る

Copyright © manuke.com 2002-2018 All rights reserved.