評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
称 about us
・ 全カテゴリ
  ・ ハードウェア
    ・ オーディオ・ビジュアル
      ・ E3000

E3000

final audio design (S’NEXT)

傑作(30点)
2018年4月1日
ひっちぃ

日本のオーディオ専業ベンチャー企業S’NEXTがfinal audio designというブランドで出している低価格帯のダイナミック型イヤホン。中国製品に押されているこの価格帯で、姉妹モデルE2000と並んで驚異的なコストパフォーマンスを誇る日本メーカー製品。

ネットでこの製品がとても高い評価を得ていたのは知っていたけれど、あまりによく取り上げられていたからステルスマーケティングくさいなあと思っていたし、五千円前後の製品なので仮に良かったとしても相応の音しか出ないだろうと思って自分は気にかけていなかった。その後、フジヤエービックの福袋を買ったらこいつがついてきたので聴いてみたところ、この価格帯とは思えない音が出たのでびっくりした。

こいつの一番の特徴は、「高級イヤホン」の末席に入れようと思えば入れられる基本性能の高さだと思う。このくらいの価格帯のイヤホンは、重低音がすごいとか、高音がよく出て音が明るいとか、分かりやすい音にチューニングしてあるのが普通だと思う。というのも、聴く方にとっても分かりやすい音のほうが楽しめるし、作る側にとってもこういってしまってはなんだけど安い部品で音をごまかすのにいいので、双方にとって都合がいい。ところがこいつは素の音で勝負していて、ちゃんと聴ける音になっている。

とはいってもそれ以外に特徴はないし能率の悪いダイナミック型なので、ちゃんと専用のデジタルオーディオプレイヤーで聴く必要がある。スマートフォンのヘッドホン端子とかで聴くと、素の音がするので地味で面白みのない音になってしまう。まあそれでも落ち着いた音なので余計な味付けのない音を聴くにはいいのだけど。Fiio X7 mk2 + AM5で聴くとよく鳴ってくれた。ヘンな鳴り方をしないのでデジタルオーディオプレイヤーが良ければ良いほどいい音で鳴ると思う。

一番びっくりしたのは、DITA Answerという数万クラスのダイナミック型イヤホンで聴いたあとでこいつに換えたら、E3000のほうが落ち着いた音を出していたこと。Answerは高域がうるさいのでちょっと耳障りだった。でもやっぱり低域の締まりとか全体的な音の密度はAnswerのほうが明らかに上だった。

E3000はバランスドアーマチュア型のシングル機やデュアル機なんかには普通に勝っていると思う。音の好みにもよるけれど、ダイナミック型が音の厚さでまさるのに対してバランスドアーマチュア型は音の繊細さで優れるものなのだけど、E3000は落ち着いたチューニングのせいか音の繊細さでも負けていないように感じた。マルチ機を相手にするとちょっと分が悪くなるけれど、

形がシンプルな筒形の金属製ボディにまるでシメジのような傘のイヤーピースついているだけなので、ビジュアル的にあまりいい音が出る感じがしなかったのだけど、SpinFitのようにイヤーピースが耳の穴の角度に合わせて傾いてフィットするようになっているので、装着感は思っていたより結構良かった。最初は筒の部分がイヤーピースにぶら下がるように適当な方向を向くので、本当にこれでいいのかと思ったけれど、本体の向きなんて音にそれほど影響あるわけでもないし、びっくりするほど本体が軽いので気にする必要がない。

低価格帯の新定番と言える素晴らしい製品だと思う。重低音とかドンシャリが好きだという人でなければ、ポータブルオーディオの入門用にぜひおすすめ。

[参考]
http://
snext-final.com/products/detail/
E3000.html

コメントする 画像をアップする 戻る

Copyright © manuke.com 2002-2018 All rights reserved.