評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
称 about us
・ 全カテゴリ
  ・ 映画、テレビ番組、舞台芸術
    ・ ノンフィクション

号外【ニュースを斬る!】シリーズ新型コロナ対策を抜本転換せよ! 新型コロナ対策の抜本転換を! 専門家たちが見るコロナの真相と松田学からの提言

松本学 (松田政策研究所チャンネル 松田学のニュースを斬る!)

まあまあ(10点)
2021年1月30日
ひっちぃ

新型コロナ対策として行っているPCR検査というのは感染者を特定して隔離し治療する上では誤った方法であることを、元衆議院議員の松田学という人が専門家の意見を取り上げて紹介し説明した動画。

母親からLINEでリンクが送られてきたので見てみた。私の母親は高卒だけど偏差値70超えの名門校を出ており、いまでも同窓生と多少のつながりがあって時々こういう情報が送られてくるらしい。正直ちょっと意識高い系のうっとうしい人たちに絡まれて影響されちゃってるのかなと馬鹿にする気持ちもあるのだけど(!)、この動画は一時間近く掛けて誰にでも分かるよう丁寧に説明してあり、視聴してある程度納得した。

簡単にまとめると、新型コロナ対策で行っているPCR検査というのは検査する人の細胞からDNAのサンプルを取り増幅させてからウィルスのDNAパターンと照合し一致するかどうかを確認しているらしい。増幅させているというのがポイントで、なんと30回以上もサイクルを繰り返して倍々に増やしているとのこと。

この増幅回数のことをCtと言っていて、これが台湾やスウェーデンでは35回なのに、日本はフランスやイギリスに習って40回以上(推定)も行っているので、いわばDNAのノイズにあたるものまで検知してしまっているという。人間のDNAというのは進化の過程でウィルスを含めた様々な生き物のパターンを取り込んでいるので、それっぽい部分はいくらでもあるとのこと。

次にもし新型コロナウィルスを検知したとしてもそれはあくまで検知しただけであるということ。免疫で抑え込んでいるうちは症状も出ないし周りに感染させることは少ないらしい。ちょっと考えてみれば分かるけれど、そこらじゅうを飛んでいるであろうたとえばインフルエンザウィルスがたった一個私たちの粘膜に付着したところで発症するはずはなく、ある程度数が揃わないと増殖しないし周りにうつすこともない。

じゃあどうしたらいいのかというと、PCR検査は増幅回数を日本感染症学会が推奨する30回までにして誤検知を防ぐこと、発症してから初めて患者として扱い隔離して治療すること、普通の人は免疫力を維持するためむしろ積極的に外に出ること(密な空間を除く)。ほかにも色々言っているけれど簡単にまとめるとこんな感じだと思う。

増幅回数が30なら良くて40以上がダメだという理由が最初よく分からなかった。指数関数なので10の違いは2の10乗つまり約千倍の違いがあるのだけど、既に30の時点で十億倍になっている。まあこれはちょっと感覚的には分からないけれど、たとえば新聞紙を細かくちぎって40回コピーしたら(?)どこかしら意味のある文章が見つかるかもねということなので確率の問題だと思う。ウィルスが百個の塩基配列で出来ているとするなら百個からなるパターンが偶然出来るかもしれないところまで増幅したら当然意味はなくなる。

医療崩壊が起きているとされるのは、特定の医療機関でしか患者を受け入れておらず、かつ本来必要のない人まで収容しているからだ。

正直動画の長さが一時間弱というのはちょっと長すぎると思ったけれど、多くの人が理解するためにはこのぐらいの時間は必要なんじゃないかと思う。それでも説明が足りていないところがあったり触れるだけで詳しく説明していない点もあったりするけれどしょうがないと思う。

でここからはこの動画とは関係のない私の考察でありその大部分が他のネット情報からの受け売りなのだけど(笑)、やはりこの新型コロナ騒動というのは何者かによる工作なんじゃないかと思う。

オールドエコノミー(死語?)をいったん衰退させることにより競争相手を弱らせ、必要ならあとで安く買いたたいたり代わりに新しいビジネスを立ち上げたりすることによって富を寡占化したいんじゃないだろうか。事実を見てもGAFAを始めとしたネット関連のニューエコノミーの富が増加している。

かつての戦争と似たようなものだと思う。というかこれも戦争の一種なんだと思う。飲食店や娯楽施設なんかを爆撃せずに経済的に破壊し、その後の復興は勝者の思うがまま。人類はこうやって定期的に破壊と創造を繰り返してきた。

これに対する反証として、より強力に変異したウィルスが広がり始めているじゃないかというのがある。ウィルスは強力すぎると宿主を殺してしまい寄生できなくなって滅びてしまうし、他のウィルスとの競争に勝てないと生き残れないので宿主を弱らせることにだけ強いウィルスは簡単には広がらない。そう、たとえばそのウィルスだけ集めて育てない限り。となると、ウィルスに付着された人を隔離したり、その人が引きこもったりしてしまうと逆にそのウィルスにとって有利な環境になってしまう。

日本はPCR検査を減らして感染者数をごまかしているという批判があり、大本営発表だと揶揄されている。どうしても日本でオリンピックを開催したい人たちが事実を隠しているんじゃないかと言われている。正直歴史的事実と比べてみるとその可能性のほうが高いんじゃないかと思うし、新型コロナの工作に関係なくそれはそれで正しいのかもしれないけれど、これはこれでまた別にあるんじゃないかとも思えてくる。たとえばどうしてもPCR検査の圧力に抗しきれなかった担当者がなんとか数を絞ることで抵抗しているとか(さすがに良いように考え過ぎか)。

あくまで一般論として、二つの意見が並び立ってどちらが正しいのか分からないとき、私は発言者の品位に注目することにしている。品位が低い方の人たちは大抵間違っていて、相手の人格を否定するような言葉で相手を攻撃していることが多い。今回の場合に当てはめてみると、どうもコロナに楽観的(?)な人たちのほうが馬鹿にされているように思える。そりゃ馬鹿だから馬鹿にされて当然だと思うかもしれないけれど、正しいことを言っていると思っている人は自信があるのでそんなに感情を高ぶらせることがない。

こんだけ騒いでいるのに満員電車を止めない理由が分からないと言われているけれど、実は大したことがないと分かっているから止めないんだと思う。いくらマスクしているといっても、あれだけ狭い空間に沢山の人間がいて感染が広がらないと考える方がどうかしていると思う。

アメリカやブラジルなんかで沢山死んでいるのはどうしてかというのがまだまだ説明つかないように思うけれど、あっちには極度の肥満とかで信じられないぐらい健康状態の悪い人が多く、特に新型コロナは血栓(血の塊)を起こす病気なのでピンポイントでヒットしたんじゃないかと思う。

というわけで途中から動画とは一切関係なく自分の意見を言ってしまったけれど、この動画が主張しているようにせめてPCR検査の増幅回数は30回まで減らして行うべきだし、症状が出ない限り安易にいまのPCR検査を受けるのはやめるべきだと思う。そうしないと本当に治療の必要な人が入院できず自宅待機させられて死んでしまうかもしれないから。

[参考]
https://www.youtube.com/
watch?v=hog1myg3QPM

コメントする 画像をアップする 戻る

Copyright © manuke.com 2002-2018 All rights reserved.