評 review の RSS
評 review の静的版 とその ziptar.gz
表 top
評 reviews
称 about us
・ 全カテゴリ
  ・ ハードウェア
    ・ パソコン
      ・ AL2416WD
        ・ 壊れた

壊れた

2007年11月11日
ひっちぃ

使用して一年半で壊れた。たぶんバックライトの故障。電源を入れると少しだけ画面が表示されるがすぐに消える。もう一度電源を入れなおすとまた表示されるがすぐ消える。消える時間間隔が短くなっていき、表示されなくなる。電源を抜いてしばらく置いておくとまた少し表示時間が回復するが、すぐ消えることには変わりない。

どこかで接触不良が起きているのだろうか。

分解してみたい誘惑に駆られたが、カバーのところに高圧電流の警告があったのでやめておいた。壊れて間もないのでしばらく放置して電気が完全に抜けた頃を見計らって一度分解してみたいと思う。

ちなみにAcerのホームページによると修理費は送料別で二万三千円、バックパネルの交換もしなければならないと20インチで九万六千円。じゃあこの24インチだといくらなんだよと。絶対修理する気ないなと思う。

日本エイサー - FAQ「保証期間が過ぎているのですが、修理費用はいくらかかりますか?」
http://www.acer.co.jp/support/faq/monitor/monitor061026001.html

こういうものは最低三年はもってほしい。一年半は短すぎる。

I-O Dataの信頼度が落ちたことが引き金となって選んだこのAcer製の液晶モニタだったが、やはり選択したのは少々早かったようだ。いまでは24インチ液晶は普通に店でもよく見かけるが、私がこの製品を買った当初はまだ高価だった。20万円以上したものが当時九万円弱で買えたことを思えば、一年半で故障というのはギリギリ納得できないこともないが、残念に思うことには変わりない。

I-O DATAも台湾メーカーもこの程度のものかとガッカリしたので、代わりに家電でシャープのAQUOS 37インチを買った。机の上に置くには大きすぎたが、ポイントカード分を抜くと144,000円ほどで日本製のフルハイビジョンの37インチ液晶モニタが地デジチューナー付きで買えることを考えれば安い。PC用の液晶は24インチだとAcerや韓国メーカー製なら六万円台、I-O DATAで十万円台、NANAOで十二万円台ぐらいだから、いまならどう考えても家電のほうが安くて品質が高い。大きすぎるのが難点だけど。

(最終更新日: 2011年7月7日 by ひっちぃ)

コメントする 画像をアップする 戻る

Copyright © manuke.com 2002-2018 All rights reserved.